あなたの健康を支える医療系情報サイト

辛いヘルニアを軽減するにはこんな治療がオススメ

ヘルニア予防策とヘルニア予防の意義

ヘルニア治療について考えていくにあたって、ヘルニアに対するベーシックな情報を理解するための補助を目的に、ヘルニアが病気あるいは怪我のどちらに類するかを明示すると共に、ヘルニアを発症した際の症状を段階ごとの発症ヵ所の変遷と交えながら大まかに提示しました。

ヘルニアに関する基礎情報

ヘルニア、とりわけ椎間板ヘルニアは、首や腰の頸椎が変形することが原因で発症する病疾患であり、現在のところ有効な予防策はわずか二つしかなく、一つは適度な運動による頸椎周りの筋肉の維持で、運動による筋力の維持促進は、ヘルニアに対する唯一の積極的予防策です。

二つ目はあくまで対症療法に留まりますが、首や腰に負担がかかる作業や行動を行う際に、あらかじめ医療用コルセットもしくは市販のコルセットを装着して行うという方法ですが、こちらはコルセットを常用する必要があるため不便な上に、市販のコルセットがきちんと体格にあっていなければ効果が薄いなどの短所が存在します。

以上がヘルニアの予防策ですが、運動の習慣が無ければ運動によって筋力をつけることは、中々に面倒なことですし、専用のコルセットを準備することもやはり面倒でしょう。

しかしながら、ヘルニアは十代から進行がはじまる厄介極まりない病で、一度発症してしまうと、完治するためにかなりの生活改善や進行状況によっては手術も必要になるなど、決して軽視できる類の病ではありません。

日常的に腰や首への負担を避け、姿勢を正すなどの細かい習慣をつけると共に、定期的な運動を生活に組み込み、決して体の局所に負担を集中させないといった行動を心掛け、ヘルニア予防に取り組む意識を持つことが、長い人生の中で自由に動ける期間を可能な限り引き延ばす唯一の手段に他ならないのです。

一生付き合うことになるであろう、貴方の体のためにヘルニア予防を意識した生活を強くお勧めいたします。

完治可能なヘルニアと有効な治療

このページでは、椎間板ヘルニアを発症したケースのうち完治可能なケースを想定し、手術を伴わない治療方法と手術を伴う治療方法、双方の治療方法の一例を示すことによって、治療が十分に間に合うヘルニアに対する治療の選択肢を広げるためのサポートを試みています。

治せないヘルニアと対症療法

椎間板ヘルニアの中でも椎間板内細胞の壊死によって、後遺症が見込まれる場合のヘルニア対策の一助として、手術ではなく、対症療法の一部に言及することで、後遺症込でのヘルニアとの付き合い方を模索し、ヘルニアの症状を緩和するための一助となることを目指したページです。

TOPへ戻る