あなたの健康を支える医療系情報サイト

辛いヘルニアを軽減するにはこんな治療がオススメ

完治可能なヘルニアと有効な治療

治るヘルニアと手術以外の治療

ヘルニアには様々な分類方法がありますが、治るヘルニアと治らないヘルニアといった分類も可能です。

更に治るヘルニアの中でも、手術を要するものと要しないものがありますが、手術を要しない場合であっても、適切な治療は決して欠かせません。

ここでは治るヘルニアを主軸として、その治療方法に触れてみましょう。

まず内科的な療法としては、注射、服薬、医療用コルセットを装着した上での運動療法が基本的な療法で、自然治癒を待つのと並行してヘルニアの基本対策である筋力の底上げを行うことで、ヘルニアの解消と再発防止の両立を目指します。

この他、外科的な療法として、指圧や柔道整復の国家資格者が在籍する場合に限りますが、接骨院ないし整骨院で各種マッサージを受けることも有効です。

ただし、接骨院あるいは整骨院でのマッサージはリスクを伴うため、病因で提供される治療の方が安全性には優れます。

ヘルニアの完治を目的とした治療

完治可能なヘルニアは脊髄内部の神経細胞が生きているものに限定され、神経細胞が死んでしまっている場合、後遺症が残ります。

また、ヘルニアが完治可能なものであった場合も、手術を要することは珍しくありません。

ヘルニア治療においてどのような手術が行われるのか具体的に例示していきます。

ヘルニアの治療において最もポピュラーな手術は、切開して筋肉や骨を除去する切開手術ですが、ごく小さい穴だけで済む内視鏡手術を行う病院も増加傾向にあります。

切開手術と比べると内視鏡手術は手術に伴う傷口が小さいことから、患者への負担も比較的小さく、一見、良いことずくめですが、高度な技術を要する最先端の手術であるため、病院の選定が一層難しくなり得ることも念頭に置くべきでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る