あなたの健康を支える医療系情報サイト

辛いヘルニアを軽減するにはこんな治療がオススメ

治せないヘルニアと対症療法

緩和治療と完治できないヘルニア

脊髄内部の神経細胞が死んでしまっていれば、ヘルニアは完治できず、手術や治療を行ったとしても、後遺症を免れ得ず、生涯ヘルニアと付き合って行かなければなりません。

そこで、ヘルニアと付き合うために役に立つ、ヘルニアの症状を緩和する緩和療法について述べてみます。

病院で受けることが可能な緩和療法は、注射と服薬、医療用コルセットを装着した上での運動療法を組み合わせたもので、後遺症対策のリハビリとしての側面が高まるものの、手術せずに行われるヘルニア治療とほぼ同じです。

他にも、医師からの指示を仰いだうえで、患部に負担をかけないストレッチや体操、姿勢の改善、体格に合った枕選びなどもヘルニアの症状を緩和する可能性があり、現実的に可能な緩和療法の一種です。

症状緩和を主としたヘルニア治療

完治不能なヘルニアの症状緩和やリハビリ以外にも、切らずにヘルニアを治したい場合や、ヘルニアの再発に苦しんでいる場合にも、症状の緩和を主軸に据えたヘルニア治療は有効です。

病院で受けられる緩和療法のうち、注射や服薬での緩和療法はヘルニアの痛みを抑制しながら、自然治癒を待つのに適し、医療用コルセットを装着した運動療法による筋力増強はヘルニアの再発や発生を抑止するのに適すなど、同じ緩和療法であっても、患者の状態に合わせた治療選択を行うことが、ヘルニアの痛みを緩和するためには肝要となります。

残るは対症療法に過ぎませんが、枕やマットレスの調整、炎症時は患部を冷やし、筋肉のコリは血流を促すため温めるといった療法も、ヘルニアの症状の緩和が見込めるはずです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る